疾患別にみる各検査の詳細

気になる疾患から選ぶ

検査の詳細

1胃内視鏡コース[経口・経鼻選択可/鎮静剤使用可]

上部消化管(胃・食道・十二指腸)内視鏡検査が含まれるコースです。


胸部ヘリカルCT検査

内視鏡検査は「有効性評価に基づく胃癌検診ガイドライン2014年度版」にて、胃バリウム検査に加え、現在対策型検診(自治体・職域などで行う検診)として推奨されております。人間ドックで、内視鏡コースを受診される方は、「経口通常径」内視鏡、「経口細径」内視鏡、「経鼻」内視鏡のいずれかを選択できるようになっております。特にご希望がない場合は、通常の病院診療で使用される高画質で高精細な「通常径」内視鏡を用います。人間ドックの内科診察で上部内視鏡検査を行うのに適当でない状態だと判断される場合は、検査を受けられないことがありますのでご了承ください。詳細はご予約いただいた方に送付している別冊子『人間ドックを受診される方へ(PDF)』内の『上部内視鏡検査についてのご連絡』をご覧ください。


・鎮静剤を使用された場合は、別途料金7,000円(税抜)が発生いたします。
・鎮静剤を使用された場合、また生検を行った場合は、医師の判断で1時間ほど安静にして
 いただきますので、上記所要時間よりさらに1時間ほどお時間がかかります。
・生検(組織の一部を採取すること)を行う場合がございます。
 ※生検は保険診療となり、別途料金が発生いたします。
・健診施設のため、ポリープ切除・ピロリ菌除去は行っておりませんのでご了承ください。
 ※必要に応じて虎の門病院本院の外来を紹介いたします。

1胃バリウムコース[バリウムを飲み、X線TV装置で検査]

上部消化管(胃・食道・十二指腸)造影検査が含まれるコースです。


胸部ヘリカルCT検査

胃バリウム検査は、我が国で50年以上の実績を持ち、胃癌死亡率の減少効果が証明されており、現在対策型検診(自治体・職域などで行う検診)として「有効性評価に基づく胃癌検診ガイドライン2014年度版」において推奨されている方法です。詳細はご予約いただいた方に送付している別冊子『人間ドックを受診される方へ(PDF)』内の『上部X線検査(バリウム検査)についてのご連絡』をご覧ください。


○受けられない方
※以下に該当する方は、胃内視鏡コースか胃検査なしコースをお選びください。
・胃切除手術後の方
・妊娠中または妊娠の可能性のある方
・血液透析中の方
※血液透析中の方は水分制限により便秘等の危険が増えるため。

1喀痰検査

肺がんや肺の慢性炎症を調べる検査です。

年代

ご予約の方へ専用の容器を別途郵送いたします。痰を3日連続で採取した後、直接、容器を持参していただきます。分泌物や細胞を採取し診断を行います。なお、唾液のみでは診断できませんのでご注意ください。

1肺がん等検診[胸部CT]

肺がん等、胸部の悪性腫瘍を中心とした画像検査です。

年代

胸部ヘリカルCT検査

胸部悪性腫瘍の診断に加えて慢性閉塞性肺疾患(COPD:別名タバコ病ともいわれる喫煙者に多い病気)などの肺疾患全般の診断にも役立ちます。X線を螺旋状に照射して得た情報をもとに、胸部の横断面の画像を作成します。


胸部ヘリカルCT検査

○受けられない方
・「セラシリーズ」ペースメーカご使用中の方
・妊娠中、または妊娠している可能性のある方

こんな人は要注意!

  • 喫煙している方、家族が喫煙者の方

1脳ドック[MRI+MRA]

無症候性脳梗塞、脳卒中、未破裂脳動脈瘤などの早期発見につながる検査です。

年代

胸部ヘリカルCT検査

MRIとMRAを実施します。

磁気共鳴画像(MRI)
脳の中に梗塞・腫瘍・出血がないか調べます。脳以外では副鼻腔の状態も確認します。

磁気共鳴血管撮影(MRA)
脳血管に血栓・狭窄・動脈瘤がないか調べます。また、頸動脈の状態も調べます。



○受けられない方
・心臓にペースメーカのある方(MRI対応のペースメーカも不可)※設定の変更が必要となるため
・極端な閉所恐怖症の方
・体内に金属(磁性体)を埋め込む手術をした方
・妊娠中、または妊娠している可能性のある方
・ポリープ切除のため胃や大腸にクリップのある方

1動脈硬化ドック[オプション/単独]

血管病変の早期発見のためのドックです。

年代

オプション

CTを用いた冠動脈の石灰化測定、MRIを用いた冠動脈・腎動脈・大動脈の病変評価、頸動脈超音波検査、血圧脈波検査などを用いて全身の動脈硬化の程度を調べます。人間ドックと必ず別の日(翌日以降)で行う検査です。

動脈硬化によって起こる病気

動脈硬化とは?
「動脈硬化」とは「動脈の壁が厚くなったり、硬くなったりして本来の構造が壊れ、働きが悪くなる病変」の総称です。高血圧や喫煙、また血液中の成分で、糖が高かったり脂質に異常があると、動脈に傷がつきやすくなり、その結果、動脈硬化を生じます。全身の動脈にそのような病変が生じると、どんなことが起こるでしょうか?全身の血管に生じる病気ですので、いろいろな部位での病気を引き起こします。動脈硬化の進み方には食生活や運動不足などの生活習慣が大きく影響します。定期的に動脈硬化の検査を受けて血管の健康度を知り、生活習慣を改善することが動脈硬化の何よりの予防につながります。これからの生活を楽しむためにも、ぜひ動脈硬化の検査をおすすめします。


ご受診の流れ

ご受診の流れ

※同日に脳ドック(約30分の検査)をご希望される場合は、腎動脈MRA後の検査となります。

単独

オプション動脈硬化ドックに、心電図・採血・胸部X線の加わったドックです。(検査項目)

こんな人は要注意!

  • 高血圧・脂質異常・高血糖がある方
  • 喫煙される方
  • 血縁者に心筋梗塞・狭心症・動脈瘤の方がいる方
  • メタボリック症候群と言われた方

※オプションまたは単独でご予約いただけます。

動脈硬化ドックを希望される方へ 1.体重が90kg以上ある方は受診できない場合があります。
2.検査当日の朝はお食事できません。

○受けられない方
・心臓にペースメーカのある方(MRI対応のペースメーカも不可)※設定の変更が必要となるため
・極端な閉所恐怖症の方
・体内に金属(磁性体)を埋め込む手術をした方
・妊娠中、または妊娠している可能性のある方
・ポリープ切除のため胃や大腸にクリップのある方
・心臓に人工弁やステントのある方
・緑内障の方は受けられないことがあります。
(フランドルテープ使用に際し、主治医の先生に使用について確認をいただいています。)

1頸動脈超音波検査

超音波を用いて動脈の壁の状態を観察する検査です。

年代

超音波検査では、頸動脈の狭窄のみならず、動脈硬化に欠かせない指標である内膜中膜複合体肥厚度(IMT)を計測し、動脈硬化の初期段階も評価することができます。

こんな人は要注意!

  • 脂質・血糖の高い方

1血圧脈波検査

「血管年齢」が簡易的に分かる検査です。

年代

腕と足首に血圧計を巻き、血管の硬さや下肢の動脈の狭窄・閉塞のスクリーニングを行います。

こんな人は要注意!

  • 血圧の高い方

頸動脈超音波検査・血圧脈波(ABI/PWV)検査については、動脈硬化ドックの検査項目に含まれています。動脈硬化ドックでの全身の血管の検査の前に、動脈硬化が少し気になる方におすすめします。

次へ

人間ドックの目的

人間ドックご案内動画

人間ドック検診施設評価認定